ノンネゲバネッソ第4話あらすじ(amingさん訳)

みなさ~ん!「アズハン・バウト・クッセ」!


え~と本題に行く前に。。。
ハワイでの可愛いウネちゃんがツイに上がって話題の記事をどうぞ

■ユン・ウネ、ハワイ旅行の写真公開

画像


女優ユン・ウネがハワイで清純な美しさを見せた。

7日、ユン・ウネはツイッターに、ハワイ旅行で撮った写真4カットを掲載。

写真のユン・ウネは、花柄プリントのホルターネックロングドレスに長いウェーブヘア、ナチュラルメークで完璧なバケーションスタイルを表現した。


すっぴんウネちゃんはやっぱ可愛いわ~と和むゆみさん。
昨年末から、映画にドラマと大忙しだったものね~。
しばしの休息と言ったところでしょうか?

ところで、昨日の視聴率。。。やっぱり上がらなかった様で。。

■『シティーハンター』、20%台進入秒読み

画像


SBSの水木ドラマ『シティーハンター』が、視聴率20%台進入の秒読みに入った。

8日、視聴率調査会社AGBニールセン・メディアリサーチによると、7日夜に放送された『シティーハンター』は、19.6%の全国視聴率を記録した。これは前日放送分の18.7%から0.9ポイントアップした数字。『シティーハンター』は、自己最高視聴率を再び更新して20%台進入を目前にしている。

7日放送された『シティーハンター』では、イ・ユンソン(イ・ミンホ)が、ペ・シクジュン(キム・サンホ)の命を狙った真犯人を知ることになった。ペ・シクジュンは大統領府前の道で交通事故にあい重態で、現場を目撃したイ・ユンソンはキム・ジョンシク(チェ・イルファ)の車を目撃して彼を犯人だと確信する。しかし実は復習のため殺人をしようとしないイ・ユンソンを挑発するためにイ・ジンピョ(キム・サンジュン)がたくらんだことだった。この事実を知ったイ・ユンソンは驚き怒り、イ・ジンピョの目の前で自身を傷つける。

一方、同時間帯に放送されたKBS第2の『ロマンスタウン』は12.0%、MBCの『オレのことスキでしょ。』は6.6%だった。


で、今話題のシティーハンターを見てる人っている?

ゆみさんこちらから( http://www.kpopella.com/2011/city-hunter/ )ダウンロードして見出したんだけど、
スケールが違うって言うか。。。まるで長編映画の様なのよ~。
勿論脚本もしっかりしてて見ごたえが有るっていうか。。。どんどん引き込まれる感じ
ハッキリ言って苦手なお顔のミンホが、めちゃくちゃカッコ良く見えてしまった。

正直、このドラマ見てる人達から視聴率引っ張ってくるのは厳しいな~とか思ってしまったゆみさん。
でもその反面、これからの展開次第では~と、淡い期待を寄せるゆみさんだったりもしますが。。
どうだろ~?

ま~視聴率はともかく(ドラマって脚本や編集の良し悪しが結構重要だからさ~)、
ヨンには演技がどうのこうのと言われない様に最善を尽くしていただくしかないわね~。

ヨンや~ファイティン!

では本題、
ノンネゲバッソ第四話のあらすじ(AMINGさん訳)です。

<4話 明日に向かって>

学校の屋上で、ゆとりの時間を過ごしていたシンは、通りすがるキュウォンの姿を見て、キュウォンに‘コーヒーを買ってくるように’と電話をし、キュウォンは授業中だと嘘をついた。
シンは、全て見ながら‘泡クリーム一杯のカプチーノを10分以内に買って来い’と 頼み、キュウォンはこんな命令は嫌だと‘お金で解決しよう’と提案した。
‘いくらならいいのか’という質問にキュウォンは5,000ウォンと提案して、シンは‘10万ウォン持ってくれば考えてみる’とその場を離れた。

カフェでチョン教授と出会い、校内をふたりで歩くことに….
ユンスはキュウォンに‘ソッキョンと知り合いなのか?’とそれとなく聞く…

公演オーディション合格者発表で、キュウォンは演奏者として合格したが、ソッキョンはミュージカル公演ではキュウォンを演技者として抜擢した。
国樂科なのに、突然、演技者に決定し、キュウォンは初の練習時間で他の科の学生達の冷たい視線を受けた。
練習を終えたキュウォンは‘ひとりで敵陣に飛び込んでいく感じだ’と所感を言った。
ヒジュは‘私はあんたを友達として思っていない、そして、シンの前でうろうろするな’と脅かした。
しかし、キュウォンは‘私もあんたを友達として思っていない。
そしてイシン?くれたとしても、いらないわ、だから、やたらに言わないで’と言い、負けなかった。

カタルシスでの演奏を終え、帰ろうとした時、ユンスから電話がかかってきた。
何か問題があったと急いで学校のユンスの練習室を訪ねるシン。
ちょうど、楽譜を学校に忘れ、取りに来たキュウォンはユンスとシンが歩く姿を見てしまう…
.
その帰り、シンは父がいる病院に面会に行った、夜遅い時間だったが父に会い、舞踊科の女教授を好きだと自分の心を打ち明ける。
父が友達の恋人を好きになったが、他の女性と結婚をしたが、結局、友達の恋人を奪った…
.‘お前はそのようなことはしてはいけない…よくしてあげないと…’父はシンに忠告する…

公演に演奏者としてではなく、演技者として抜擢され、踊りや歌が苦手で大変だと電話で父に告げるキュウォン。
その時、キュウォンの父はシンの家の前で、シンの母を訪ねるところだった。
カフェで語るキュウォンの父とシンの母。シンに実の父のことを話したかと聞くキュウォンの父…
複雑な家庭環境でアルコール中毒なのでとても言うことが出来ないとシンの母…

シンはSTUPIDのメンバーに記念公演に出ようと提案し、ふだんから、記念公演を嫌がってたシンの変わった姿にバンドメンバー達は‘キュウォンのためだろう?’とからかった。

公演練習でも、キュウォンは他の学生達にいじめられた。
他の学生達は‘監督のバックで入ってきたお前みたいなころがってきた石なんか入ってくるな’とキュウォンを押し倒した。
キュウォンは相手に立ち向かい、髪の毛をひっぱり合い、取っ組み合いの喧嘩をしてしまう。
ヒジュも‘お前みたいな中途半端なやつの為に、命を懸けて一生懸命にやってる人達の夢をかなえられないかもしれないんだ’ときつい言葉を残した。
チョン教授の練習は取りやめになった。

そうこうしている時、シンはメンバーにユンスと誰かがキャンパスでも有名なカップルでユンスが自分の夢のために、彼氏を捨てニューヨークに旅立ったと….そのユンスの相手がソッキョンであることも後に知るようになった。
そして今回の公演がある女が男を愛していたけど、女が自分の野望の為に海外に突然旅立ち、ふたりは離別することになり、女は後に大きなけがをして戻り、男は女を受け止めることが出来ないという内容だということも知るようになるシン。

ソッキョンはキュウォンに少しずつ関心を持つようになり始めた。
友達からワンタにあい、ソッキョンはキュウォンに髪の毛をグチャグチャにするいたずらをする。
その姿をユンスが見て、妙な嫉妬感を感じていた。
そのユンスの姿をシンは目撃していた。
ユンスを愛してるシンは、すぐにソッキョンを訪ねていった。
シンはソッキョンに‘愛した女性を冗談のタネにすることが好きなんですか?チョン教授がどうしてあなたの元を去ったのかわかったようだ’と言い、‘チョン教授を好きです’堂々と明らかにした。

学校でキュウォンは死に物狂いで練習するヒジュの姿を目撃する。
キュウォンはソッキョンの作業室を訪ね、放棄したいと伝え、他の人に被害を与えるのが嫌だと伝えた。
しかし、ソッキョンはキュウォンを説得した。
ソッキョンはシンとキュウォンの前で、‘キュウォンはシンの奴隷だから、キュウォンを説得するように’と言う。
シンは‘見たい人がいるからしないといけない’とキュウォンに言う…

一方、キヨンは公演の一ヶ月前に足をひどく怪我したけどソッキョンは‘キヨンを必ず舞台に立たせる’とキヨンの舞台恐怖症を克服させようと努力していた。

キュウォンはソッキョンの説得でもう一度、公演練習をすることになったのだが、続けて内乱が生じる。
ソッキョンはキュウォンを心配しながら‘実力も一番足りない立場なのに、実力から育てないと…’ときつい忠告をした。
この忠告でキュウォンはひとりで練習をするという熱意を燃やさせた。

カタルシスでの演奏の後、ペンダントを購入し学校に向かうシン。
そこでキュウォンの練習を見守るユンスの姿を微笑ましく見つめる…. 

次の朝、筋肉痛になったキュウォンを自転車に乗せ登校するシン。
自転車に乗ったキュウォンは眼をとじて、シンの腰をぎゅっと抱いて甘い想像にふけった…まるで空を飛ぶように….

特訓のおかげで、キュウォンの踊りもかなり上達した。
指導しているチョン教授の苦労をねぎらい、そして、謝るソッキョン。
ふたりは、一時間後に共にワインを飲むことを約束する。

シンは、ずっとユンスの車の後をついて自転車で走った。
筋肉痛で苦労するキュウォンは家に送るというソッキョンの言葉に甘え、車に乗って家に向かう…..
そこでキュウォンが目撃したのはシンとユンスが口づけをしているところだった…


そして、字幕付き動画





 









覚悟してたわりには、最後の最後にあまりにもあっさり
モッコリ付けた勢いでポッポ
ほんとに触れた程度の軽いものでホットしたゆみさん
でも。。。

ゆ「この程度のキスならわざわざ入れる必要ないやろ~!
モッコリ付ける様子がシネちゃんからはポッポに見えたってのでも良かったんでないの?」

と、心の中でくだを巻くゆみさんであった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 49

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

yukihana
2011年07月08日 19:42
ゆみさん こんばんは
amingさんあらすじありがとうがざいます

ゆみさんの最後の心の中 同感です(笑い)

ドラマ イ シンとお父さんのシーン私結構すきです
今回とくによかったかな もっと入れてくれればいいのに それと 今回の唄も良かったです もっと見たかったですね  イ シン ファイティーン 
 

こぐま
2011年07月08日 20:01
ゆみさん、みなさん、こんばんは!

amingさん早速の訳をいつもありがとうございます。
最近いろいろ忙しくて今までドラマを見れていませんでしたが、やっと落ち着いてきたのと予告でのポッポが気になったので初めて観てみました。

ゆみさん 同じことを私も心の中で感じました。
シネちゃんからはそう見えたでも良かったのではないのかなと。

この監督の作品はポッポシーンが多いイメージと話しの内容があちこちに飛んでちょっと分かりづらいイメージがあって少し心配だったのですが、おもしろいのですがやはり繋がりがちょっと残念な感じがしました。

主役のヨンファの出番も少ないような気がするのですが…視聴率が悪くても演技力は良かったと言われるようにヨンファには頑張ってもらいたいです。
本業の挿入歌は認められているみたいだし、それが一番いいことかな。

ポッポシーンはソフトな感じでほんとに良かったです。
これはお仕事ですからね。イ‐シンですからね。
素の気持ちが入ったヨンファはおでこにするのにもためらってデレ顔になりますからね。そう割り切りましょう。
ソヒョンちゃんも解っているはず。
これから視聴率のためにポッポシーンが増えないことを祈るばかりです。

kurumi
2011年07月08日 22:28
ゆみさん、みなさん、こんばんは~
amingさん、3話、4話のあらすじ、ありがとうございます。
週に2話、しかもたっぷり1時間ずつ、大変でしょ?
本当に、本当に、本当に・・・感謝です。←反省文のまね(^^)

今までに比べたら、4話は面白かったとは思いますが、やっぱり突っ込みどころや違和感がいっぱい(汗)

まぁ、ぼやきは深夜にお邪魔するとして・・・
話題のOSTの件です。

『恋しくて』    作詞:FNC社長 
作曲:ヨンファ&ハンスンフン

『君は私に惚れた』 作詞:FNC社長 
作曲:ハンスンフン
〃:ギムジェヤン

『星』       作詞:FNC社長 
          作曲:ギムジェヤン

今のところ、その他の曲も、ヨンファの作詞は無いみたいですね。

(byゲルより)

★ミニョとヨンファの『星』のライブ良かった!
 ミニョが横浜のファンミに持ってきてた打楽器はアレ だったのね。(^^)

では、また丑三つ時に・・・(^_-)-☆
kurumi
2011年07月09日 04:24
丑三つ時に、ドラマの感想(ぼやきともいう・笑)を書きに来ようと思っていたのに、川越EPを観ながら寝てしまっていました。
見えない壁を壊して、自分の気持ちに正直になった2人の新たなFirst Stepが、あそこから始まったんですね。

今は彼らにとっても、私たちにとっても正念場かもしれません。
仕事と恋愛に最善を尽くしている2人へのご褒美がまたひとつ・・・。
11月にシドニーで、2人が同じステージに立つようですね。 公演の前後、少しお休みが取れると良いな~。

ドラマの感想(ぼやき)は、またあとで。
涼しい内にワンコと散歩に行ってきます。(^^)/~~~
りんりん
2011年07月09日 15:39
皆さん こんにちは

下記のアンケート投票のご協力をお願いします
ヨンファ君の隣によりふさわしいのはどちら?
http://twar.sportsseoul.com/tbattle/view.php?a_id=47211& ;tag=20000
★一日一回の投票のみ可能★
(2回目からはもう投票済みの警告が出ます)

そして、この映像・・・
ソヒョン嬢~
とにかく可憐~

★110628 Seohyun - Stuff Like That There : JAPAN TOUR in YOYOGI
http://www.youtube.com/watch?v=QvzYEKLi2t8& ;feature=player_embedded

きてぃ
2011年07月09日 22:35

ゆみさん、みなさんこんばんは。

例のぽっぽ事件?で落ち込んでる方も、あんまりそうでない方もいらっしゃると思いますが
やはり少なくとも、ちょっとは「う~ん」って感じであると思います。

でも、二人の固い絆で乗り切れることでしょう!!!

yhk様
ありごとうございます!!!
yhkさんの言葉にめっちゃ泣けました。
本当に大切なのはお互いの気持ちですよね。
これからも二人を応援していきます!!!
本当にありがとうございました。
kurumi
2011年07月10日 09:48
ゆみさん、みなさん、おはようございます。

う~ん、視聴率上がりませんでしたね~。
ヨンファがカッコいい!、ミニョが可愛い!、ソッキョン監督ステキ~とか、そういう視点でさらっと見て、OSTやライブシーンを楽しむのであれば、それなりのドラマではあるんですがね。

なんで教授が学生から平気でプレゼントをもらうの?
なんでシンの携帯番号を知ってるの?
大学の練習室で閉じ込められたなら、まずは大学に電話でしょ!
予告ではあの後ルンルンでスーパーで買い物してるみたいだけど理解できない。
突っ込み所は山ほどありますが、4話分全部書くと膨大な字数になるし(笑)やめときます。^^

キスシーンだって冷静に観ればシンの奇襲攻撃。
恋人同士の感情のこもったキスシーンじゃないから~

ゆみさんが書かれてたように、車で通りかかったキュオン側から見たらそう見えただけ、でも勘違いしたことで自分のシンに対する恋心に気付いてしまう、ってことにしておいた方が、今後のシン&キュオンのラブラインに繋げやすかったかな~とは思いますね。

たった16話の中で、ヨジャ嫌いのシンに2人の女性とのキスシーンをさせるのなら、十分な時間の経過と心理描写がなされないと、高慢でクールだけど、結局軽い男になってしまう。

嫁が観て惚れるようなイ・シンのキャラじゃないと、嫁も応援隊の私たちも、ちょっと納得できないな~と、生意気にも思う私です。(^^;

私が脚本家なら(←ほら、また生意気な!)最後のシーンとしてキュオンがシンに奇襲攻撃のキスをして自転車で逃げる。それを追いかけるシン。(ネゲパネッソパネッソ~♪と流れる)
再び外国に旅立つユンス教授を見送るソッキョン監督。
ジュニ(MH)は最後まで食べてるシーン(笑)
THE END(^_-)-☆